ナチュラル化粧品・アーユルヴェーダコスメOJasブランド公式サイト

ナチュラル化粧品・アーユルヴェーダコスメOJasブランド公式サイト > 記事 > 肌のくすみを感じたらクレンジングを見直そうオージャスクレンジングクリーム

肌のくすみを感じたらクレンジングを見直そうオージャスクレンジングクリーム

くすみの原因はクレンジング

正しくメイクの汚れを落とせていますか?実はスキンケアで一番大切なのはクレンジングです。「汚れを正しく落とす」ことがきちんとできていればそのあとにつける化粧水、乳液、クリームなどなど。たくさんつける必要はないのです。クレンジング方法を間違えたままでいると知らず知らずのうちに肌はくすみ、毛穴は開いてしまいます。

落としすぎ、強いピーリングは肌の機能をマイナスへ

さて、この汚れ落としですが、クレンジングは簡単であっという間に落ちるほうが楽!なんて思いがちですよね。しかし、簡単に落とせるという事は、それだけ洗浄力が強いのです。

強力な洗浄力のクレンジング剤は、永く使用することで大切な皮脂膜の機能を低下させてしまいます。肌にダメージを与え続けてしまうのです。洗浄力の高さを順番にあげますと、オイル⇒クリーム⇒乳液⇒ジェルとなります。例えばオイルに保湿効果が配慮されていても洗い流すことが目的なのであまり意味はありません。

ですが、オイルクレンジングあっという間にメイク汚れを浮かせて落としてくれます。しかし、これを続けると汚れとともに落ちていく皮脂の天然保護膜も落とし続けてしまいます。それは、肌の老化のスピードをも早めてしまいます。

クレンジングは、汚れを落とすという事。いったん肌を「0」ゼロの状態にするという事です。強い洗浄力のクレンザーは肌を「ー」マイナスの状態にしてしまいます。よって、クレンジングした後は大急ぎで化粧水、乳液、美容液、とたくさんつけていないと乾燥するのです。

日常のメイク汚れを正しく落とすには

では、皮脂膜を保護しながら汚れだけを落として肌をいったん、「0」ゼロの状態にするにはどのクレンジングをしようしたらよいのでしょう。おすすめは、クリームです。メイクの成分は油分と水分で構成されています。これに適した同じ油分と水分のものを使うことです。日常のメイク汚れはクリームで十分でしょう。しかし、ウオータープルーフなどの効果がある日焼け止めやファンデーションの場合、水にも落ちにくい成分で構成されているためこの場合は、専用オイルクレンジングが必要です。また、よく間違えられているのは泡の洗顔を2回すれば落ちるのでは?と思われている方もいらっしゃいます。また、これをダブル洗顔という認識のかたも大勢いらっしゃるようです。これは、メイクの油分は落とせません。また、拭くだけで落とせるクレンジング皮膚を摩擦すると皮膚の表面は傷みます。

こする、落としすぎる、ストレスにさらされた肌の状態は、このように肌理(キメ)がなくなってしまいます。

肌理(キメ)がととのった肌は、きれいなひし形のふっくらした形をした状態で細かく透明感もあります。

Ojasオージャスクレンジングクリームはさらに!肌の天然保護膜を守りながら肌にストレスをかけることなく落とせるのです。ただ、クリームを汚れとまぜて流すのではなく、汚れとまざりあったクリームにぬるま湯を足していき、乳液状にしてから流します。テクスチャーは手にとると重めですがこの、乳液状に変化した後は肌に負担なくすっきり汚れだけが落とせるのです。

これを丁寧に行うとなんと、洗顔後のスキンケアよりも時間がかかります。みなさんは逆かもしれませんね。

ダブル洗顔とは

メイクの汚れを落とせたら、次に角質の汚れや毛穴の汚れをきれいにする。これが泡洗顔です。

泡洗顔では油分を含んだ汚れは落とせません。なぜなら泡の成分は水分です。水と油は混ざり合いません。では、毛穴の汚れや角質の汚れを泡がどうやって落としているのかというと、肌の汚れを泡が浮かせているからです。

角質の汚れを落とすのに、こすったりピーリングしたりしてしまうと肌を傷めるだけです。そもそも角質は除去するのではなく、正常な落屑をうながしてターンオーバーを正常にするものです。これは、泡で浮かせて助長するのが正しい汚れの落とし方です。

たとえば、肌のキメがほとんどなくなって保護膜のない状態の超乾燥肌の方が、クレンジングの後に洗顔ソープでさらに毎日洗うとどうなるでしょう?ただでさえ普段、肌が「ー」マイナスの状態なのに汚れがあるからと思い、洗いすぎてしまえば悪循環です。

Ojasでは、クレンジングクリームだけでメイク汚れは落とせます。泡で角質や毛穴の汚れを落とすときはダブル洗顔をおススメしています。

肌の状態に合わせてクレンジングを行うことも大切です。

温泉水とアーユルヴェーダオイル配合のシンプルなスキンケアソープ。洗い上りがつっぱることなく毛穴の汚れ角質のざらつきを細かい泡が優しく洗います。

肌のくすみを感じているあなたへ。もう一度クレンジングを見直してみませんか?