ナチュラル化粧品・アーユルヴェーダコスメOJasブランド公式サイト

ナチュラル化粧品・アーユルヴェーダコスメOJasブランド公式サイト > 記事 > 乾燥対策には栄養クリーム?オイル美容液?

乾燥対策には栄養クリーム?オイル美容液?

お肌の乾燥を改善するには?

お肌が乾燥する、つやがないなど悩んだときに一定の方は化粧水だけでは足りないから油分を補おうと考えると思います。その時にお化粧品を選ぶときどのようにしていますか?

化粧水と同じメーカーが乳液とクリームを販売しているからそれを使ったら正しいのでは?もしくは、わたしは超乾燥肌だからこっくりしたクリームじゃないとおいつかないだろうな。とか、吹き出物が出やすいからゲル状のクリームがあっているのでは?など、いろいろと試したことがある方も多いと思います。

お肌の保護膜は天然の水分と脂分が混ざり合ってできている

私たちのお肌の表面を守っているのは水分脂分が混ざり合って皮脂膜という保護膜でできています。肌は、排泄器官です。角質層の垢・水分・脂が排泄され、それが混ざり合って天然の保護クリームを作っています。

いちど、クレンジングをすることによってこの保護膜も取り除いてしまうため、クレンジング後にはスキンケア(肌整)が必要になります。

保護膜をスキンケアで補うということです。

その時、私たちの保護膜の90%は皮脂であることを忘れてはなりません。

図:フレグランスジャーナル社

人間の皮脂類似である脂分を補うときにこれはクリームが適しているのでしょうか?Ojasはこう考えます。「お肌の水分を保持する機能をサポートしたら、脂分をきちんと補うことでお化粧水で補った水分もキープする

Ojasは、このときにクリームではなく、厳選した皮脂類似のオイル成分を使用することが正しいと考えます。

栄養クリームの役割をする。という方がおられますが長期にわたりクリームを使った場合この保護膜を蓋で補うことを続けるとお肌の自力力は育たなくなる。そのように考えます。そうすると、乾燥は改善されずにもっと栄養のあるクリームを。もっとこくのあるクリームを。となってしまう。

また、吹き出物に悩む方はとくにオイルはよくないと考えている方がおられます。吹き出物の原因は保護膜の水分と脂分のアンバランスから炎症がおきた反応作用として吹き出物が発生します。Ojasオイルエッセンスは保護膜のアンバランスを中和してくれるオイル選びをしました。

お肌の脂分を補う。Ojasはオイルエッセンスをおススメします

すっとなじむ2滴が肌を巡らせ、エネルギーを高めます。こだわりぬいたオイル成分を肌へ届け、守ります。化粧水の後にこれ一つでスキンケアが完結するシンプルなケアにもかかわらず、艶とハリをキープします。

全成分:ゴマ油、ダイズ油、ラベンダー油、ベルガモット果実油、センチフォリアバラ花油、     ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、ダマスクバラ油、トコフェロール