ナチュラル化粧品・アーユルヴェーダコスメOJasブランド公式サイト

ナチュラル化粧品・アーユルヴェーダコスメOJasブランド公式サイト > 記事 > 石鹸職人がひとつひとつ手作りで仕上げる逸品の無添加スキンケアソープ!Ojas~オージャス~

石鹸職人がひとつひとつ手作りで仕上げる逸品の無添加スキンケアソープ!Ojas~オージャス~

手作りこだわりソープ

こだわりの逸品!Ojas ~オージャス~スキンケアソープ

釜炊き一筋63年の歴史を誇る、職人さんの手でひとつひとつ作られた「オージャススキンケアソープ」肌に優しい無添加せっけん!

泡の「もっちりした感触」と「泡の細かい重み」の秘密

  • シアバター
  • コメヌカ油(ライスブランオイル)
  • ゴマ油(セサミオイル)
  • 温泉水(ひのはら村数馬の温泉水を使用)

心地よい香りの秘密

  • ラベンダー
  • カモミール
  • スイートオレンジ

毛穴の汚れや角質が固く感じたら、オージャスクレンジングクリームの後にダブル洗顔。肌に負担なく、毛穴の汚れをしっかりと落とすことで透明感のある素肌へと導くことができるのです。


オージャススキンケアソープは無添加にこだわる工場で作られています

オージャススキンケアソープを製造している工場は兵庫県にあります。この工場はもともと創業時、クリーニング業を営む工場でした。創業当時は粉せっけんを使用して、背広などを洗濯職人さんが丁寧にクリーニングを行うという方法でした。しかし、合成洗剤が出現以降、業界は作業を効率化し、おおくの注文をこなす方法にシフトしていきました。それによって作業効率が上がりたくさんの注文をこなせる経済的なメリットが生まれましたが、大きなデメリットもありました。それは、合成洗剤を使用するようになり手荒れや肌荒れが起こるということ、工場排水による川の汚染問題などでした。そういった時代の流れのなかで、オージャススキンケアソープを製造している工場の先代社長は創業当時のきれいに落ちる粉せっけんを好んで使用し続けました。社長は、襟や袖に使いやすい棒型のせっけんを自分で作って自社のクリーニング作業に使用していたのです。その自社で手作りしているせっけんをお取引先のゴルフ場や病院などへ、プレゼントしていたのですが次第にこの手作りせっけんが「手が荒れない」という評判が口コミで広がっていきました。その噂を聞きつけた九州にある皮膚科の先生が、お顔用のソープに商品化したところ「アトピー肌」や「乾燥、 荒れ肌」の患者さんから大好評だったのです。そんな先代の後を継がれた現在の社長は、この会社を先代であるお父様の技術を引き継ぎ、新たに会社を石鹸工場としてスタートしたのです。そんな歴史ある工場で「安心・安全」なオージャススキンケアソープは丁寧に作られています。

丁寧な工程で作ります

しかもこの製法で作るとオイルだけでなく、温泉水の美肌効果もキープしながら作ることができます!


オージャススキンケアソープが手放せない!と言うリピーター様が多い理由

発売から、長くご愛用のお客様がおっしゃる事は、洗った後のしっとり感。使用感も人気なのですが洗った後の気持ちよさ!スッキリ洗い上がるのにつっぱる事がなく透明感がよみがえる!と嬉しいお言葉をいただきます。

角質の薄い乾燥肌の方や冬場の乾燥が激しい季節は、肌の状態に合わせて洗顔を週に1回~2回のペースでソープ洗顔をされています。

洗顔の役割は、メーク汚れを落とす事ではありません

洗顔の役割はメイクの汚れを落とす事ではなく、角質や毛穴の汚れを落とす事です。夜、メーククレンジングでメーク汚れを落とした後、ソープ洗顔をする事を”ダブル洗顔”と言います。

肌の表面にある角質細胞ケラチンタンパクで出来ています。それは水に濡れると脆くなります。お風呂に長時間つかると指先がふやけますよね?洗顔している間はケラチンタンパクは柔らかくなります。自然と溜まった毛穴の汚れや硬い角質を除去してくれます。肌のターンオーバーが正常でないと角質はうまく落屑しません。ですから、肌の状態に合わせてソープ洗顔をする事は大切です。しかし洗浄効果が高すぎる洗顔を長期に亘り使用し続けると、大切な皮脂膜の機能を壊し、肌トラブルの原因になるのです。

そこで、オージャススキンケアソープはなるべくオイルや温泉水の保湿をキープした状態でソープを無添加石鹸作りのプロに依頼して作ることを決めました。


こだわりの、Ojasスキンケアソープで透明感のある素肌へ